相続税が課税されない財産とは

すべての財産が相続税の課税対象ではありません。
一部除外されるものもあります。

主なものは下記の通りです。
墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物。
※骨とう的価値があるなど投資の対象となるもの、商品として所有しているものは課税。

宗教、慈善、学術、その他公益を目的とする事業を行う一定の個人などが相続や遺贈によって取得した財産で公益を目的とする事業に使われることが確実なもの
※公益財団法人等に遺贈をした場合等です。

相続や遺贈によって取得した財産で相続税の申告期限までに国又は地方公共団体や公益を目的とする事業を行う特定の法人に寄附したもの。
※相続人が相続財産を公益財団法人等に寄付した場合です。

遺産ではありませんが、死亡保険金も非課税枠があります。
相続人の数により非課税枠が異なります。
以下の計算式です。
法定相続人の数✕500万円

相続人以外の人が取得した死亡保険金には非課税の適用はありません。
相続放棄をしたとしても、非課税枠に変更はありません。
死亡退職金の非課税枠についても死亡保険金と同じような規定になっています。

死亡保険金は申告しなくても非課税枠の適用があります。
しかし、寄付控除等は申告手続きが必要です。
細かい規定に混乱することもあると思います。
きちんと税理士等の専門家や税務署に相談することをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です