相続するのはプラスの財産だけではない

一身に専属する権利等を除き、相続人は被相続人(お亡くなりになった方)の権利義務の一切を相続します。
何が相続されるのか、そして相続人にはどんな手続きが待っているのかを検討することも必要な場合があります。

プラスの財産や借金等も相続するということを知っている方は多いです。
以外に知られていないのが、権利や義務も相続するということです。

借地権や故人が有していた損害賠償請求権も相続の対象となり得ます。
その逆も然りです。

地主の立場を相続すれば、借地人に賃借する義務も契約内容に応じて存在しますし、
損害賠償請求を受ける立場であれば、その立場をも承継するのです。

また相続した人に課せられる義務もあります。
税金の申告です。
遺産額が基礎控除額を超えている場合に相続人や受遺者(法人は除く)は相続税の申告手続きや納税を行う必要も出てきます。

自分の相続人がどのような手続きをするのかをイメージして遺言を作る方も多くいらっしゃいます。
何かしらの目的があり、遺言を作成します。

きちんとご遺言者さまの目的に沿った形での遺言書作成を考えます。
実際にいくつもの手続きを経験してきたからこそ、お伝えできることがあります。
気になることをお聞きし、安心してもらえることは、私にとって喜ばしいことです。

Follow me!