登録免許税の費用について知っておく

不動産を相続したときに、各種の登記を受けることによって受ける利益が課税対象となっています。
具体的に見てみましょう。

不動産を相続したときに、法務局に登記申請をします。
この際に納税をしなければ、登記手続きを行うことはできません。

不動産の固定資産税評価額が課税標準金額です。
税率は1000分の4、すなわち固定資産税評価額の約0.4%が納税額です。

仮に不動産の固定資産税評価額が1000万円だとすると、
0.4%にあたる4万円が納税額です。
この税金の種類は国税です。
登録免許税法という法律に基づき決められた税金です。

高い評価の不動産を持っていれば登録免許税も高額になります。
不動産の固定資産評価額が1億円だと登録免許税は40万円にもなります。
この他に戸籍等の書類や司法書士の報酬等が発生するのが一般的です。
1ヶ月の月収以上を納めることにもなりうるのです。

不動産の固定資産税評価額は、毎年送られてくる納税通知書で確認できます。
また市町村役場等で取得することも出来ます。
何かの折に自身の不動産の評価額は確認しておいた方が良いでしょう。

このような登録免許税も相続の際にかかる費用です。
亡くなった方名義のままでも住むことは出来ますが、
相続登記の手続きをしていないと売却等の処分をなすことは難しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です