特殊な場合の法定相続分-相続分の重複②

前回の続きを検討します。
➀被相続人の配偶者と被相続人の養子の兄弟姉妹という立場
➁被相続人の代襲相続人と被相続人の養子という立場

➀の場合には相続分は重複しません。
配偶者は配偶者としての相続分のみが権利主張可能です。

民法において配偶者の相続分はもともと多めに設定されています。
第三順位との相続人との関係では相続人の二重資格は認められません。

⓶の場合に相続分は重複します。
代襲相続人としての立場と養子としての立場で相続分の権利主張可能です。

被相続人Xに配偶者がなく、実子がAとBの2人、養子Cが1人いたとします。
そしてBの実子がCです。

この場合において、実子Bが被相続人Xより先に亡くなっていた場合のACの相続分は以下の通りです。
Aの相続分 3分の2
Cの相続分 3分の1

孫を養子にしたということは、被相続人がその孫を跡取りと考えていることを推認させます。
そこで相続に関する二重資格が認められるのです。

もともと主張できる権利がどれだけあるのかを把握するのは重要なことです。
上記のケースはそんなに多くあることではありません。

しかし、該当した方は知らなければ認められ得る権利内容が変わってきてしまいます。
遺産分割に際して取得できる遺産の内容が大きく変わることがあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です