特殊な場合の法定相続分-相続分の重複➀

法定相続分はご存知の方が多いかと思います。
第三順位まで法定されています。
まずは原則の相続分を確認しましょう。

配偶者は常に法定相続人です。
配偶者と子が相続人であれば2分の1ずつです。
配偶者と父母の場合は配偶者が3分の2、父母が3分の1、
配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。

子が複数存在する場合、子の相続分を子の人数で均等な割合です。
父母等の尊属も同様ですが、被相続人の親等が一番近い尊属が相続人となります。
父母共に存命であればを二人で均等な割合です。

兄弟姉妹も複数存在する場合、兄弟姉妹で均等な割合になるのが原則ですが、片方の親が異なる兄弟姉妹とは相続分が異なります。
両親共に同じ兄弟姉妹と片親のみが同じ兄弟姉妹で2対1の割合です。

第一順位の相続人及び第三順位の相続人のみ代襲相続が認めれらます。
子の子や兄弟姉妹の子に相続権が降ります。
再代襲相続が認められるのは子のみです。
兄弟姉妹の子の子には再代襲相続は認められません。

また尊属には代襲相続はありません。
被相続人に子等の卑属がなく、被相続人の尊属が存命であれば、最も近い尊属に相続権があります。
父母が亡くなっていても祖父母が存命であれば祖父母が相続権を持つということです。

これが原則的な相続分です。
しかし養子縁組をしているときには相続分が重複する場合が発生します。

配偶者の両親と養子縁組して亡くなってしまった場合や、
孫と養子縁組して亡くなってしまった場合です。

双方とも相続人としての立場が重なります。
➀配偶者と養子の兄弟姉妹という立場
➁代襲相続人と養子という立場
それぞれで相続分が重複するかどうかの結論が異なります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です