数次相続の際の遺産分割協議の当事者

一次相続が発生し、遺産分割が終わらないままその相続人が亡くなってしまうときがあります。
一次相続の際の相続分も遺産分割協議の対象となりえます。

一次相続の相続分も相続の対象となるということは、二次相続の相続人は一次相続の遺産分割協議の当事者となります。
具体例は下記の通りです。

一次相続時の被相続人父A
Aの相続人・・・子B、子C、子D

二次相続の被相続人子B
子Bの相続人・・・子Bの妻X、子Bの子Y、子Bの子Z

被相続人Aの遺産分割協議の当事者
亡B相続人X、亡B相続人Y、亡B相続人Z、相続人C、相続人D

Aの相続人は子のみなので各3分の1ずつです。
したがって亡Bの相続分は3分の1です。

この亡B相続分の3分の1の権利がBの相続人に承継されたことになります。
法定相続分に従った各自の被相続人Aの相続分はX12分の2、Y・Zは12分の1ずつです。

このBの相続人間でBの相続分を遺産分割協議で取得者を決め、
取得者が被相続人Aの遺産分割協議に参加することも出来ますし、
XYZの三人が被相続人Aの遺産分割協議に参加することも出来ます。

数次相続が発生した際には遺産分割協議の当事者を把握することが必要です。
不幸にも連続して相続が発生することもありますが、相続手続きを放置し、
上記のように遺産分割協議の当事者が増えることも多くあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です