相続開始のときに存在する債務は誰負担?

相続が発生するとプラスの遺産だけでなく、
マイナスの遺産も相続人に承継されます。

この負債は遺産分割協議の際にも大きく関わります。
ローンが残っていれば、相続人は被相続人の不動産と一緒に残っているローンも承継します。

しかし相続人が複数いる場合に不動産を相続した相続人がローンの承継者になるのかといえば、
債権者との関係において、必ずしもそうではありません。

金融機関等の債権者と相続人との間において不動産取得者をローンの承継者とすることに同意がなければ、
相続人は法定相続分に従って債権者からの請求に対して債務を弁済する義務を負います。

遺産分割協議で不動産取得者をローンの承継者とするだけでは不十分なのです。
相続人間で取り決めただけでは相続人間で求償し債務負担を変える方法になります。

遺産分割協議の内容に債権者も合意すれば、不動産取得者をローンの承継者とすることが出来ます。
相続人間で資力がない人が債務を承継してしまったら債権者は弁済されないという可能性もあります。
そのような事態を避けるために、債権者からみたときには原則債務は法定相続分で承継され、各法定相続分に応じた負債額を請求出来ます。

また遺産分割協議で不動産取得者以外の人が債務の承継者とすることも可能です。
こちらも債権者との関係では債権者との合意が必要になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です