不動産を共有することの問題点とは➂

共有者間の意見調整が主とした問題点です。
それをゆくゆくは解消できるのであれば共同所有でも良いかもしれません。

相続の際に共有状態にするのならば、
縦の関係で共有することが良いと思います。

事例として父が亡くなったことを考えましょう。
相続人は母と長男・次男・長女の三人です。
遺産は自宅不動産と預貯金6千万とします。

この場合の法定相続分は妻6分の3、子6分の1ずつです。
預貯金債権は法定相続分通り、簡単に分割可能です。

しかし、不動産もこの持ち分で相続すると前回までの諸問題が起こり得る可能性が発生します。
諸問題回避のために、相続人同士の状況を勘案しながら遺産分割協議をする方が得策です。

例としてそれぞれが法定相続分を主張する場合には、次のような提案をすることが出来ます。
預貯金等の金銭で調整をつけ、不動産の共有者を母と長男にします。

不動産の持ち分を母3分の2、長男3分の1、預貯金は母と長男が1000万ずつ取得し、
次男・長女は2000万ずつ取得する等とした場合、不動産の共有者は母と長男のみになります。

不動産の評価や相続人の状況を鑑みて話し合いをする必要がありますが、
親子という縦の関係で共有した場合、一般的に母の持ち分が下の世代に降りる結果となり、
母が亡くなったときの遺産分割について、遺言で取得者を長男に指定すれば、
不動産の複雑な共有状態の回避を図ることが可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です