相続させると遺贈するの文言の違いについて

同じ内容に移りますが、
不動産登記において手続きが異なります。

遺言書の書き方についての言葉使いです。
自宅不動産を相続人に取得させる場合の留意事項です。

〇〇市〇〇町〇丁目〇番の土地は相続人◇◇に相続させる、
という書き方では取得した相続人が単独で登記申請手続きを行うことが出来ます。

遺言者が死亡したときに当然に受遺者が取得したものとみなされます。
遺言者は遺産分割の指定をしたと考えられます。
尚、遺留分を侵害している場合には減殺請求の対象にはなります。

一方、〇〇市〇〇町〇丁目〇番の土地は相続人◇◇に遺贈する、
としたケースではどうでしょう?

この場合取得者が単独で登記を申請することはできません。
相続人全員、または遺言執行者と受遺者の共同申請により登記をする必要があります。
遺留分を侵害している場合には減殺請求の対象になることは同じです。

後者の場合、遺言者が受遺者に対して登記をする義務を有すると考えられ、
その義務を相続人全員が承継したことになります。

遺言に遺言執行者が指定されていれば遺言執行者と受遺者で共同申請します。
遺言執行者は遺言の内容を実行する権限が与えられる為、相続人に代わり登記申請の登記義務者として関与します。

しかし相続させる、という文言の場合には遺言執行者は登場しません。
遺言者の死亡により受遺者が当然に相続したとされるからです。

さらにややこしいのは相続人全員に割合的に遺贈した場合には相続分の指定と解されます。
この場合には共同申請で登記を行うのではなく、相続人からの単独申請となります。

相続人同士が疎遠な場合に備えて遺言を作成し、受遺者の負担を減らそうとしても、
文言一つで関係当事者として相続手続きに関与することになってしまいます。
自分の考えていることを実現させるための間違いのない遺言を作成しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です