相続の手続きに関係する専門士業

相続の手続きは原則相続人が行います。
しかし、専門的な手続きはわからないことが多く大変です。

一般的には国家資格者等の専門家に頼ったほうがよいでしょう。
自分でやれば費用はかかりませんが、
事務負担は大きくなります。

知らないばかりに損をしてしまうこともあり得ます。
例えば納めすぎた税金は還付の申告をしなければ相続人のもとに帰ってきません。
未支給年金も手続きが必要です。

遺産の評価一つとっても相続人間で揉めてしまえば、
時間的なロスや相続人間の公平性に欠けてしまい、
親族間にわだかまりを残しかねません。

第三者がはいることにより、
トラブルを未然に防ぐという効果も期待できます。

専門家に依頼する一番のメリットは分からない手続きに対しての不安の解消や時間の作出ではないでしょうか。
知らないことを調べながら初めて手続きを行うには多くの方がストレスを感じます。

以下が相続の手続きとそこ携わる一般的な相続の専門家です。
訴訟・利害調整行為・・・弁護士
家庭裁判所が介入する手続き(特別代理人申し立て・相続放棄・成年後見人申し立て)・・・弁護士・司法書士
不動産登記・・・司法書士
相続税申告・準確定申告・・・税理士
年金・・・社会保険労務士
戸籍収集・遺産分割協議書作成・・・行政書士

上記の手続きがすべての人にとって必要ではありません。
必要な手続きの仕訳をし、窓口の一本化を行うサービスもあります。

相続のことで心配があればご連絡いただければご相談に応じます。
秘密厳守いたしますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です