海外に相続人がいる場合の相続手続き

国際結婚をして海外に移住しても相続権はなくなりません。
法定相続人であれば遺産分割協議に参加する必要があります。

海外出張や国際結婚で海外に移住されてる方も多く見受けられます。
日本に住んでいなかったり、
日本国籍を離脱したとしても相続人であることに変わりありません。

では相続手続きはどのように進めていけばよいのでしょうか?
原則的には変わりありません。

遺産分割協議も必要になる場合には、
相続人全員で遺産分割協議をして遺産の分割をします。

困るのが印鑑証明書です。
海外に住所を移してしまうと印鑑登録は抹消されます。

印鑑登録証明書と実印の提供ができなくなります。
本人確認とその意思の申請を担保する手段が他に必要です。

代わりとなるのがサイン証明です。
印鑑証明の代用が出来ます。

パスポート等を現地の在外公館に直接持参しそこで署名をします。
そこで署名したのは本人で間違いないということを証明してもらうのです。

遺産分割協議書が完成すればそれに基づき相続手続きが出来ます。
誰かに手続きを任せてしまえば本人が動く必要はなくなります。

在外公館が海外在住の相続人の近くにあるとは限りません。
一度のやり取りで済むように段取り良く記入必要書類の準備もしましょう。

他に必要な証明書類では相続登記で住所証明書があります。
同じく在外公館で在留証明を発給してもらうことが出来ます。
海外在住の相続人の住所証明書は在留証明書を用います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です