任意後見契約と遺言はセットで効果大

任意後見契約書を作成したら、
セットで公正証書遺言も作成しましょう。

自分の為の老い支度として、
遺言作成や死後事務委任契約、任意後見契約等があります。

これらは複合的に利用することにより、
自分の意思の実現につなげやすくなります。

任意後見契約だけでは執り行うことが難しい死後の事務があります。
葬儀の希望を実現したり、埋葬場所や方法は遺言で指定することにより実現可能性が高まります。

遺言を作成するだけでは、終末期の自分の意思の実現が難しくなります。
希望の老人ホームに入所したかったり、
尊厳死に関することは遺言書作成だけでは実現できません。

任意後見契約等を活用することは生前の自分や周りの人のためになります。
遺言書は自分の意思を死後に実現させるために必要な手段です。
希望があったとしても契約書や遺言書にしなければ法律的な効果はありません。

また後見制度や遺言では実現できないことは民事信託を活用したスキームも存在します。
代表的には親亡き後の子の問題や後継ぎ型の遺贈に期待を寄せることが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です