特別受益の持戻し免除の方法を知る

生前贈与に対する持戻しの免除は、
黙示の意思表示でも可能です。

持戻しの免除をしておくと、
特別受益にあたる贈与財産分を相続分の権利として組み込む必要がありません。
遺産分割の際に持戻し分を考えなくて済みます。

生前贈与の場合には黙示の意思表示でも可能ですが、
意思表示意を第三者に対して明確にしておくためにも、
特別受益の持戻しの免除は書面で行っておくと良いです。

特別受益の持戻しの免除を行ったとしても、
遺留分を計算する際の財産に含まれることに注意が必要です。

仮に相続人二人で生前贈与で財産をすべて相続人Aに贈与していたら、
相続人Bは相続人Aに対して生前贈与した分の4分の1の権利を減殺請求出来ます。

自分の財産を一人の相続人にすべて贈与してしまうのは極端な例ですが、
特別受益にあたる生前贈与額も加算して他の相続人の遺留分を算定します。

生前贈与財産は一般的には相続開始時点での評価となります。
これらを考慮し遺言を作成すると自分の意思の実現につなげやすくなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です