遺言書を作成するメリットを知る

遺言作成は自分に関係ないと考えている方も多いです。
しかしそうではありません。

まず必ず遺言を作成しておいた方が良い方の例です。
特定の人に財産を引き継いでもらいたい。
相続人間で遺産分割について揉めそう。
前夫・前妻との間に子がいる。
第一順位の相続人がいない。
法定相続人がいない。

これらの事情がある方は遺言を作成しておくと、
自分の周りの人を安心させることが出来ます。

次に遺言の効果を考えます。
亡くなった人の最後の意思を実現できるのが遺言作成の本旨ですが、
それとは別に遺言があることにより、相続人は相続手続きの負担が減ります。

例えば戸籍です。
遺言がない場合は相続手続きに、相続人全員を証明する戸籍が必要です。
転籍が多い人はかなりの通数を取得しなければいけません。
遺言があると被相続人と相続する人の戸籍があれば相続手続きが可能です。

亡くなられた方の遺産が網羅されていれば遺産分割協議書も不要です。
遺言で誰が何を取得するかを決めて置くことができるからです。

亡くなられた方の意思が明確に示されていれば、
相続人はスムーズに相続手続きを進めていくことが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です