特別受益による相続分の計算例

相続人のうちに生前相続分の前渡しと見受けられる贈与がある場合、
相続人間の相続分が変わります。

被相続人が父、相続人が配偶者Aと子Bと子Cの例で計算してみましょう。
遺産額は4000万円とします。
子Bの生前受贈額を1000万円として検討します。

特別受益が無ければ配偶者Aが2000万円相続し、
子Bと子Cが1000万円ずつ相続します。

しかし子Cは特別受益として考えられる贈与額1000万円があります。
これは遺産の前渡しとして考えることになるので、
一旦遺産に組み込みます。

総遺産額を5000万円として法定相続分を計算し直します。
計算結果は配偶者Aは2500万円、子B、子Cは1250万円ずつ相続する権利があったということになります。

子Cは生前に1000万円受け取っていますので1250万円から特別受益額の1000万円を引きます。
残額は250万円です。

特別受益を含めて計算し直すと次の額が、遺産分割時の各自相続分です。
配偶者A2500万円、子B1250万円、子C250万円

特別受益をめぐり相続人間で争いになることも見受けられます。
遺留分を考慮したうえで、特別受益の持戻しの免除等を行っておくことが、
争族回避には有効です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です