任意後見契約の3類型-即効型とは

任意後見契約とは自ら後見人を選択する契約です。
判断能力が不十分になった後、
任意後見監督人が選任されることにより効力をが発生します。

任意後見契約を締結してもその効力発生時期が内容により異なります。
即効型、移行型、将来型の3類型に分かれます。

任意後見契約は法律行為が出来る状態であれば契約可能です。
まず即効型です。
その名の通り契約締結後、即、任意後見契約を発効させます。

この即効型は認知症と診断されたが、
状態によっては契約締結能力が十分であり、
自身の将来設計を自分で決めたい場合に利用します。

自己決定権を尊重するために有効です。
高度な契約能力があれば、
財産管理や療養看護の希望を伝えることが出来ます。

病気に罹患し、発症しているので、
契約締結後直ちに任意後見監督人の選任申し立てを行います。

しかし、本人の行為能力が疑わしいときには任意後見契約の有効性が疑問視されます。
明らかに判断能力が欠けている場合には法定後見制度を利用せざるを得ません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です