相続放棄と相続分をなしとする事の違い

家庭裁判所において相続放棄をすると、
はじめから相続人ではなかったとみなされます。

はじめから相続人ではないということは、
一切の権利義務を承継しません。

プラスの財産もマイナスの財産も承継しませんし、
相続人ではなかったとみなされる結果、
代襲相続も発生しません。

したがって相続分は他の相続人に帰属するか、
次順位の相続人に帰属します。

相続人全員が相続放棄をしてしまえば、
最終的に残存財産があれば国庫に帰属します。

一方相続分はなしでよいというのは、
相続人間の意思表示で可能です。

遺産分割協議書で相続分をなしとしたり、
他の相続人がすべての財産を取得するとしてしまえば良いのです。

しかし、被相続人に債務がある場合は債権者の合意が必要です。
債権者から見れば債務を承継するとした人に資力が十分かどうかわかりません。

債務を承継するとした相続人にしか請求できないと不利益を被ります。
よって通常時と同様に免責的債務引き受けをするのと同じく債権者の同意を得ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です