外貨預金の評価で気をつける点がある

ドル建てで資産を保有している方もいらっしゃると思います。
外貨も短期間のうちに評価が変化するものです。

外貨を評価するときには為替レートを確認します。
相続税の評価はTTB(対顧客直物電信買相場)またはこれに準ずる相場によります。

外貨預金の支払いや電信送金された外貨を円に交換する場合に適用される為替相場です。
取引金融機関の為替相場を確認してみてください。

課税時期の価額は亡くなり日です。
亡くなり日の相場がない場合は直前の直近相場です。

上場株式とは異なる部分です。
注意しましょう。

株式も外貨も金融機関を円に換算して解約し承継する場合、
売却時のレートが適用です。

この相続税の財産評価方法で行うわけではありません。
売却のタイミングは相続人が決定します。

売却時に利益が出なければ納税する必要はありません。
売却して利益が出ると納税する必要がでます。

場合によってはきちんと確定申告した方が得します。
課税状況を確認し、税理士に相談してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です