遺産分割の際の土地の評価を検討

遺産分割協議の際にこの評価方法で評価しなければいけない、
という決まりはありません。

財産を分けるにあたり、
その財産の評価方法が問題になるときがあります。
代償金額を定める場合には特にそうかと思います。

例えば土地の評価方法ですが、
次の4つの評価方法があります。

➀実勢評価
不動産業者等に見積もり依頼し、
実売価格に近い金額で評価します。

➁公示価格
年に一度国が調査し出している標準値の
公示地価をベースに算出します。

➂路線価
道路に金額が付されます。
その金額と土地の広さ、形状等を勘案し評価します。

➃固定資産税評価
固定資産税の評価額を
そのまま用います。

➀は実際に売却しない場合には、
売却した場合にかかる費用が考慮されていないので、
そこに注意が必要です。

相続登記時には登録免許税がかかり、
売却して利益がでれば譲渡所得税、
不動産業者が仲介すれば仲介手数料といった形です。

➁は標準地点付近に土地がないと、
公示地価とだいぶ離れてしまうのでは
ないでしょうか。

➂や➃に関しては、
公示地価よりも2割から3割くらい
低く評価されています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です