相続が数次にわたると複雑になる

一人の方が亡くなり、
その方の遺産分割をそのままにしておくと、
相続が数次にわたり発生します。

本来の相続人から多岐に変化します。
だいぶ状況が複雑になり得ます。

例えば本人が亡くなった後、
配偶者が亡くなったとします。

この夫婦に子はなく、尊属も死亡していて、
お互いの兄弟姉妹が相続人となるケースを考えてみましょう。

本人が亡くなったときに、
手続きを済ませておけば、
相続人は配偶者と本人の兄弟姉妹です。

配偶者と兄弟姉妹で本人の遺産分割を
行えば遺産分割協議は終了します。

しかし、これを行っていない場合は、
一番最初に死亡した本人の遺産を、
配偶者の相続人とも協議する必要が出てきます。

本人の兄弟姉妹と配偶者の兄弟姉妹で
遺産分割協議を行います。

配偶者が存命の時に遺産分割を済ませておけば
良かったのですが、
済ませて置かなかったばかりに、
本人死亡による配偶者の相続分も権利として、
配偶者の相続人に承継されてしまったのです。

関係性が遠くなれば遠くなるほど、
心労はかさんでしまいますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です