死亡保険金と死亡退職金の非課税枠

上記の二つはみなし相続財産として
相続税の課税財産の対象となりますが、
それぞれ非課税枠があります。

双方法定相続人の数×500万円は非課税です。
法定相続人が2人であれば、
2人×500万円=1,000万円が非課税の枠です。

しかし、注意が必要な部分もあります。
まずは死亡保険金ですが、
附帯して加入していた特約等の還付金は
純然たる相続財産になります。

死亡保険金の額と分別して計上しなければいけません。
それから細かいことですが保険金受取時の遅延利息は、
相続税の課税対象ではありません。

次に死亡退職金ですが、
受取時に控除されているものが、
相続財産から債務控除できるものがあるので要注意です。

死亡後に支払われた給与も該当する場合がありますが、
企業が発行した明細は必ず確認しましょう。

また双方とも申告せずとも
非課税の扱いになります。

両方の非課税金額を引いて、
明らかに基礎控除額を上回らなければ
相続税申告の必要はありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です