相続人に行方不明者がいる場合の対応

遺産分割協議は相続人全員参加が原則です。
しかし、行方不明者がいる場合には
どうすればよいのでしょうか。

遺産分割協議は相続人が一人でも欠けると
有効な協議が出来ません。

困ってしまうのは、
相続人がどこにいるのか
分からない場合です。

この場合の多くは
その相続人と疎遠なことも
大きな負担なのに
連絡が取れないという
二重の負担です。

相続人が行方不明の場合には、
その相続人に不在者財産管理人の選任手続きを
行っていくことになります。

行方不明者の財産を管理する人を
家庭裁判所に選任してもらうのです。

遺産分割の際に申し立てられることが
多いようです。

選任された不在者財産管理人が
遺産分割協議が行うことのできる権限の付与も
申し立てます。

そうすると遺産分割が行えるようになります。

他の方法として、
失踪宣告の手段が取り得る場合も
あります。

行方不明者が7年以上行方不明だと、
その人のことを法律上亡くなったものとし、
行方不明者に相続が発生するのです。

この失踪宣告を受けた行方不明者の相続人と
遺産分割協議をします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です