遺言は自分には関係がないものか

自分には関係がないと考えている方が多くいます。
しかしそうとは限りません。

遺言というと、
資産家や相続人間で揉めそうな場合に
必要と考える方が多いです。

しかしそうではありません。
自分の培ってきた財産や、
承継してきた資産を
死後どのようにしたいかという
目的をきちんと持っている方に
必要となります。

例えば子が相続人で複数いる場合、
その相続分は均等となります。

生前被相続人にいくら尽くしてきてくれたといっても、
遺言なしにはその子に特別多く相続させることは難しいです。

協議でその事情を他の相続人が、
きちんと汲んで分割協議をしてくれれば良いですが、
その事情が汲まれないと不満を残しかねません。

遺言があり、
その意図を表明していれば、
故人からのメッセージとして
わだかまりも少なくすることが出来ます。

付言としてきちんと
伝えることができます。

また相続人がいない人で、
特別縁故者や共有者がいない場合、
その財産は国庫に帰属してしまいます。

自分の最後の意思を実現させるための手段として
多くの人に遺言は必要と考えます。

また、遺言は遺言者の意思が変われば
何度でも作り直すことが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です