せめてものエンディングノート作成を

遺言を書くのをためらう方は多いです。
自分には関係がないと思ってらっしゃいます。

しかし揉めていようといまいと、
そして資産家であろうとそうでなかろうと
相続手続きは必要となります。

相続人がたとえ一人だとしてもそうなのです。
それなのにも関わらず、
自分の亡き後のことだからと言って、
そのままでよいのでしょうか。

昔とは違い、
各種の契約ごとが複雑になっています。

インターネットで口座開設したり、
人とのコミニュケーションを取ったりします。

手紙がないから親しい人がいないというわけでもなく、
書類がないから契約ごとがないとは限らないのです。

そうすると相続人は故人の手続きに苦慮します。
葬儀に呼ぶべき人は誰なのか、
解約や相続の手続きはどこが必要なのか、
といった具合です。

エンディングノートがあるだけで、
これらの苦労が軽減されます。

多くの人は亡くなった方の意向があれば、
極力それに従おうとします。

遺言は何となく抵抗があっても、
エンディングノートのようなものは、
お互いにあって困るものではないはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です