相続税の申告には10ヵ月の期限がある

あれよあれよという間に時間が過ぎてしまいます。
申告期限を過ぎると不利益があります。

相続税の申告期限は、
相続人が相続の開始を知ったときから、
10ヵ月以内にしなければなりません。

大抵が亡くなったときから10ヵ月と考えて良いでしょう。
この10ヵ月は結構あっという間です。

葬儀や納骨を済ませてから動き出そうとすると、
約2ヵ月が過ぎます。

戸籍の収集にも時間が掛かります。
人により異なりますが、
おおよそ1か月は見ておいた方が良いでしょう。

相続人であるという証明ができないと、
残高証明書の発行や固定資産税の評価証明書の取得も出来ません。

あっという間に数か月が過ぎます。
また遺産分割の方法が決まっていないと、
使えない相続税の特例があるのも要注意です。

また税理士に依頼する場合にも、
期限までゆとりがないと、
正確な財産調査や相続人間の調整に時間を割けなくなる可能性もあります。

相続税の申告をすべて税理士に依頼する場合にも、
半年くらいの猶予があった方が良いと思われます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です