相続税の基本を知って相談しよう

税制はとっつきにくいイメージがありますが、
基本を押さえて安心して手続きを進めましょう。

相続税はすべての人が申告対象ではありません。
同時に申告対象であったとしても無税で済む場合が少なくありません。

まずは申告対象者です。
遺産額が基準値以上の方は申告必要です。

遺産額の計算は被相続人の債務は控除できます。
逆に相続人への三年以内の贈与や
相続時精算課税制度を利用している場合には
それらを加算する必要が出てきます。

また生命保険金や退職金も
みなし相続財産です。

仮に上記のような要因がある場合には、
税理士に相談されることをお勧めします。

プラスの遺産とマイナスの遺産を差し引きして
基礎控除額以下であれば相続税申告不要なのです。

そして基礎控除額は3,000万円+相続人の数✕600万円です。
相続人が3人だと正味の遺産額が
4800万円以下であれば申告自体が不要です。

また、基礎控除額を超えていたとしても
申告をすることにより、
税金がかからなくなる場合もあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です