期限があるものには気を付けよう

遺産分割協議自体は相続開始後、
いつ行っても構わないものです。

しかし、相続で期限が定められているものもあります。
以下の通りです。

相続放棄は自己の為に相続の開始を
知ったときから3か月以内に手続きが必要です。
限定承認も上記と同じ期限が設けられています。

準確定申告は自己の為に相続の開始を
知ったときから4か月以内に手続きが必要です。

すべての方が該当するわけではありません。
主だった方として、事業所得があった方、不動産譲渡所得があった方等です。

納税すべき時には4か月の期限がありますが、
還付申告を行う場合には4ヵ月の期限は不要です。

相続税の申告にも期限があります。
こちらは自己の為に相続の開始を
知ったときから10か月以内に手続きが必要です。

この申告期限を経過してしまうと、
特例が適用できなくなる等の大きなデメリットがあります。

特例を使えないばかりに、
何百万と納税しなければいけなくなるケースもあり得ます。

期限があるものには十分注意し、
相続手続きを進めましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です