相続人間で協議が出来ないときとは

単純に揉めてしまっている状況以外にも
有効な協議が出来ない場合があります。

揉めていて協議が出来ない場合には、
調停や訴訟という手段が考えられます。

公的な機関が後見的に
遺産分割に関与するのです。

これは相続する当事者が
判明している場合に
取りうる手段です。

当事者が判明していないケースも
あり得ます。

相続人として該当するが
行方不明であったり、
生死不明な場合です。

この場合には、
行方不明者等に不在者財産管理人をつける
手続きを行いその不在者財産管理人と
遺産分割協議を行う流れとなります。

他に家庭裁判所の関与がある場合ですが、
相続人のうちに未成年者や
事理を弁識する能力を欠く相続人がいる場合、
事理を弁識する能力が不十分な相続人がいる場合が考えられます。

上記の状態で有効な協議が出来ない場合があるのです。
きちんと代理できる者がいる場合には
その者が代わりに協議に参加しますが、
そうでない場合にはそれぞれ必要な手続きが増えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です