限定承認という選択肢も考えられる。

相続放棄と単純承認のほかにも
取りうる手段があります。

あまりなじみがない手段かと思います。
いくつか条件があるのと、
デメリットもあります。

まず相続が開始した事を知ったときから
3か月以内にする必要があります。

相続放棄の手続きと同じく
家庭裁判所にて行います。

相続人全員で行う必要があります。
相続放棄の手続きを家庭裁判所で取り、
認められた相続人は省かれますが、
それ以外の相続人は全員です。

そしてデメリットとしては
時間と費用が掛かることです。

限定承認が認められると、
プラスの財産の範囲内で
被相続人の債務を返済する形となります。

プラスを上回る負債があっても、
その債務の返済義務は
相続人に課されません。

そのような理由から
債権者も保護するような
手続きが取られていきます。

必然的に時間がかかってしまいます。

ただし、放棄と違い
限定した形で
相続を承認していますので、
財産内容が分からないときなどは
有効な手段です。

大きな負債があったとしても
責任を負うことがないからです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です