遺産分けの協議がまとまらない場合

原則は相続人間で協議をして
財産を分割します。

しかし話し合いがまとまらないという
こともままあります。

話し合いがまとまらないと
財産は共有状態です。

共有状態で困ることは
好き勝手に処分することが出来ません。

例えば車。
相続人が3人いるとします。

この3人の合意がなければ
売却することはできません。

自分の持ち分だけを
譲渡することも可能ですが、
そんなことをすれば、
より利害関係を複雑にしてしまいます。

最近の判例では
預金債権も分割対象の財産となってしまいました。

以前は相続人間の協議がまとまらない場合でも
預金は可分債権とされ、
当然に法定相続分で取得したと
することが出来ました。

自分の相続分だけ引き出すことも
可能だったのです。

しかし今後は銀行から自分の相続分だけを
引き出すことも難しくなるのでしょう。

いずれにせよ相続人全員の合意がないと、
財産は塩漬けになる可能性が高くなります。

相続人間で揉めてしまった場合や、
相続人に該当する方が見つからないときには
法的な手続きを検討しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です