相続したくない場合には放棄をする

亡くなられた方に債務が多い場合、
または相続するのを潔しとしない場合等には
相続を放棄するという手段があります。

相続は絶対にしなければいけないという
ものではありません。

大きな負債を抱えたまま、
被相続人が亡くなってしまった場合、
相続人の生活が破綻することが考えられます。

相続人といえども
一蓮托生というわけではないのです。

家庭裁判所での手続きが
必要となりますが、
この手続きをすることにより、
被相続人の権利義務を
承継することを免れるのです。

しかし、いくつか注意が必要です。
まずはプラスの財産も承継することは
出来ません。

被相続人と生活を共にしていた場合で、
被相続人名義の不動産があれば
それを承継することはできません。

放棄するのかしないのか
よく検討が必要です。

そして原則として、
相続の開始を知ったときから
3ヵ月以内にする必要があります。

この3ヵ月というのは
熟慮期間として設けられています。

何もしないままこの期間が過ぎると
相続したものとみなされてしまいます。

また被相続人の財産を
処分してしまったときも
相続したものとみなされるので
こちらも注意が必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です