第一順位の相続人がいないときも必須

相続人が兄弟姉妹になった場合、
残された配偶者が苦労するケースがあります。

第三順位の相続人とは
亡くなられた方の兄弟姉妹です。

配偶者は欠格事由等がないときは
常に相続権を有します。

配偶者と兄弟姉妹が相続人になった場合、
現行法では配偶者の相続分が四分の三、
兄弟姉妹の相続分が四分の一です。

四分の一といえども、
兄弟姉妹を含めた相続人全員で、
遺産についての話し合いを
する必要があります。

兄弟姉妹であれば
まだよい方かもしれません。

仮に亡くなられた方の兄弟姉妹が
亡くなられており、
その子が存在する場合には、
その子たちも含めて協議します。

相手方の姪や甥と
自分の配偶者が残した財産について
話し合わなければいけなくなるのです。

家庭の事情は様々ですが、
相手方の甥や姪と遺産分割協議をするのは
心の負担が大きくなる場合が多いと推察します。

現にそのような方も多くいらっしゃいました。
もし遺言があればというような
経験は何度もあります。

兄弟姉妹には遺留分はないので、
遺言を作成しておけば、
基本的には遺言の内容が
そのまま実現されうるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です