遺言を作成しておいたほうがよい人

自分が構築してきた財産や
承継した財産を引き継ぐ人が
いない場合には作成しておいたほうが良いでしょう。

自分に相続人がいない場合には
財産はどうなるのでしょうか。
下記の順に帰属することになります。

まず亡くなられた方の
特別な療養看護に努めた方等がいる場合です。

法定の期限内に
家庭裁判所に特別縁故者の
申出をし、家庭裁判所が相当と認められれば、
相当と認められる範囲の財産が
その方に財産が引き継がれます。

特別縁故者がいない場合で
財産の共有者がいる場合には
その共有者に財産が帰属します。

そして上記のような人がいなければ
財産が国庫に帰属することになります。

要するに国のものに
なってしまうということになります。

上記の遺産の清算手続きは
相続財産管理人が行います。

相続人がいなくても
遺言があれば事情が変わるのです。

自分の全財産を
誰それに遺贈する、
またはお世話になった団体に
寄付するというような
遺言を残せば
そのようにすることが可能なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です