どこが公正証書の遺言にする長所か

公証人が作成に携わることで、
信頼度が各段に違います。

作成時には手間や費用が掛かりますが、
亡くなった後のことを
考えると相続人は
こちらの方が助かります。

まず、検認という手続きが不要です。
そのままの状態で
手続きを進めていくことが可能です。

そして公証役場で原本が保存されるため、
紛失の恐れがありません。

亡くなった方の手元に遺言がなくとも
相続人から公証役場に
問い合わせすることも可能なのです。

また証人が二人以上立ち会う必要があるので
遺言が亡くなられた方の
真意に基づいて作成されやすくなります。

先に述べた通り
自筆証書遺言は
作成時の負担は少ないのですが、
有効性や相続発生後のことを
考えると公正証書がおすすめです。

しかし、どちらの形式にせよ
遺言の書いておいた方が
良い方はいらっしゃいます。

手続きの手間よりも
遺言で意思を表明することが
出来るというのが
遺言の一番のメリットだからです。

遺言がなければ
法律に従って遺産が
処分されてしまいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です