ポピュラーな遺言が自筆と公正証書

遺言を書かれる方で多いのが
自筆証書遺言と公正証書遺言です。

この二つにはそれぞれメリット
デメリットがあります。

自筆証書遺言は一人で作成することが出来、
自分一人で作成すれば
費用も掛かりません。

しかし、書き方が法定されているので
間違った書き方をしてしまえば、
遺言自体が無効と判断されてしまいます。

書いた日を特定することが出来なっかたり、
ワープロで書いてしまった場合には
無効となります。

また遺言で各種手続きをする際には、
家庭裁判所において
検認という手続きが必要となります。

結果、相続人に経済的な負担や
時間的な負担をかけてしまうことにも
なりかねないことに注意が必要です。

後は保管場所にも
気を付けなければならなりません。

自分が亡くなったときに、
誰にも気づかれずに処分されてしまえば、
書いた意味が無くなってしまいます。

信頼できる人に預け、
その旨を相続人にしっかりと
伝達しておく等の手段を
取っておくことが望ましいです。

公正証書遺言については
次回記載いたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です