遺言がある場合の手続きについて

遺産分割協議書がなくとも
有効な遺言で手続きができます。

故人の遺産が誰に帰属するのかが
分かれば遺産分割協議書の作成は不要です。

一般的には遺言があれば
遺言書で相続手続きを進めていくことが可能です。

遺言には普通方式の遺言と
特別方式の遺言があります。

普通方式の遺言は3種類です。
自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言です。

特別方式の遺言は4種類あり、
死亡危急者の遺言、船舶遭難者の遺言、
在船者の遺言、伝染病隔離者の遺言があります。

しかし、一般的には普通方式の遺言が
圧倒的に多く作成されることが多いので、
普通方式の遺言がある場合の手続きについて
検討していきます。

自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合には、
検認という手続きをする必要があります。

家庭裁判所において、
遺言の証拠保全作業をしてもらう必要があります。

遺言の有効無効を判断する作業ではありませんが、
この検認をしないと登記手続きや金融機関の手続きに
遺言を利用することはできません。

公正証書遺言の場合には検認手続き不要です。
真意を公証人に確認してもらい作成するため、
正当に作成されているという信頼度が高いのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です