相続分を譲渡する方法で手続きも可能

相続人が複数いる場合には、
遺産分割協議書を作成し、
各種相続手続きを行うのが一般的ですが、
それ以外にも違う手段があります。

自分の相続分を
他人に譲渡することも出来ます。

相続人に譲渡した場合には
譲り受けた側の相続分が増加します。

すべての相続人が
他の相続人に相続分を譲渡すると、
遺産はすべて譲り受けた相続人のものとなります。

上記のような場合には
譲渡を証明する書面を提供し、
登記や預貯金解約等を行うことがで出来ます。

この譲渡は有償譲渡でも
無償譲渡でもかまいません。

また自分の相続分を譲渡した相続人は
協議に参加することが出来なくなります。

この効果を利用し、
譲り受けた者と譲り渡した相続人以外の
相続人間で遺産分割協議を行い、
協議書を作成することも出来ます。

事情により遺産分割協議書を作成するだけでなく、
協議証明書の形式にするのか、
それとも譲渡証書の形式を使うかにより、
相続人の負担軽減につなげることも可能なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です