遺産の承継者が誰なのか証明する手段

話し合いが終わると
それを書面に落とし込みます。

いわゆる遺産分割協議書というものです。
これにより
誰が何を取得したのかが分かります。

一般的な記載の方法としては
まず、被相続人の氏名及び最後の住所
並びに最後の本籍地を書き、
誰が相続される人なのかを記載します。

続いてが相続の対象となる
財産を記載します。

そして財産ごとに
どの相続人が取得したのかが
明らかになるようにします。

今後新たに遺産が出てきた場合の
取り決めをしておくことも可能です。

相続税の申告があるときは、
未分割の遺産が出ないように
この条項を入れる場合が多いです。

後は相続人全員の合意であることを
証するために、
署名及び実印の押印をします。

さらに相続人全員の印鑑証明書を
添付します。

海外に移住している
相続人がいる場合には
サイン証明書が
印鑑証明書の代わりになります。

基本的には一通の用紙に
相続人全員が署名押印しますが、
同じ内容の書類を
相続人分作成し、
一人一通ごとに署名押印することも可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です