遺産に債務が含まれる場合の注意点

プラスの財産は
相続人間の話し合いで決定可能です。
しかし債務については異なります。

借金などの債務がある場合には、
相続人間で誰が引き受けると
決めても単純にそれで決定されるものではありません。

貸した側、債権者の承諾を
取り付けることが必要になります。

債権者から見たとときに、
必ずしも資力が十分な相続人が
債務を引き受けるとは限りません。

そのような理由で、
債権者の介入が法律上
必要となります。

債権者が認めてくれない場合には、
債務は法定相続分で承継したものとなります。

相続人は亡くなった方の
一身専属権以外の権利義務を承継します。

もし払い過ぎの利息があり、
過払い金返還請求が可能であれば、
相続人が請求することも出来ます。

もう一つ大きく注意する点は
故人名義の債務に
根抵当権が設定されている場合です。

根抵当権とは
極度額という範囲の金額まで
流動的な債権を担保出来るものですが、
相続開始後に
一定の手続きを行わないと、
元本が確定してしまいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です