遺産の分け方の方法について知る

遺産分割の方法には
いくつか種類があります。

大きく分けて3つです。
現物分割、換価分割、代償分割です。

相続人が一人の場合には
遺産分割は問題になりません。

すべての遺産はその相続人が
すべて相続することになるからです。

しかし、複数人存在する場合には、
誰がどの財産を取得するのかを
話し合って決めていく形になります。

第一の現物分割とは
X銀行の預金はAさんが取得し、
Y証券の有価証券はBさんが取得する、
というような分け方です。

誰がどのものを
引き継ぎたいかが明確で、
かつ、いさかいがない場合には
この方法でスムーズに承継できます。

しかし、不動産がある場合には
財産的に均衡が保てない場合も出てきます。

故人が不動産しかもっていなければ、
一人の相続人が取得するか、
共有物とするのか、
売却して金銭で分けるかになります。

金銭に変えて分ける方法を
換価分割といいます。

この方法だと、
実際に故人と同居していた
相続人の住む所が不安定になります。

このような場合には、
不動産を取得した相続人が、
自らの金銭等の代価を
他の相続人に支払うことも可能です。
このような方法を代償分割といいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です