戸籍と言われる物には種類があります。

前回の記事で書きましたが、
相続人を特定するための書類としての戸籍。
この戸籍にも種類があります。

大きく分けて3種類です。
まずは戸籍全部事項証明書です。
一般的には戸籍謄本と呼ばれる事が多いかと思います。

戸籍全部事項証明書というのは、
戸籍に記載されている方が現在も
その戸籍にいる場合です。

二つ目は改製原戸籍です。
戸籍法が改められたときに
戸籍が新しく作り直される場合があります。

その新しく作り直された基の戸籍のことを
改製原戸籍といいます。

最後が除籍全部事項証明書、
除籍と呼ばれるものです。

転籍、結婚、死亡等により、
記載者が全員その戸籍からいなくなると、
いなくなった戸籍は除籍になります。

相続の手続きで戸籍を求められると、
この3種類の戸籍類が必要になるかと思われます。

馴染みがないと、
現在の戸籍だけで大丈夫ではないのか?
と思われる方もいらっしゃいます。

しかし、戸籍事項全部証明書だけでは、
その戸籍が出来た時からの情報しか載ってません。

したがって相続人を特定することが
出来ない場合の方が多いのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です