相続人であるという事を証明する方法

配偶者は欠格事由等がない限り常に相続人であり、
第三順位まで相続人の範囲が民法により規定されています。

相続人を確定する作業は大変重要な事項です。
有効な遺言があればこの限りではない部分もありますが、
相続人が確定されないことには相続財産の処分を思うように進めることが出来ません。

確認する方法は戸籍事項証明書というものを取得し、
相続人が誰であるかを特定します。

この作業は故人の人生により、
収集する戸籍の範囲が変わります。

第一順位の子であれば、
被相続人の出生から死亡までの戸籍を取得することにより、
誰が相続人であるかを特定できるでしょう。

第二順位の直系尊属が相続人に該当した場合には、
上記の戸籍類で第一順位の相続人がいないことを証明でき、
父母等の存命の戸籍があればそれで足りるかと思います。

第三順位の相続人が収集すべき戸籍が一番多くなろうかと思います。
第一順位の戸籍類を取得することに加え、
自分の父母等の尊属がいないことを証明します。

尚且つ父母の出生から死亡までの戸籍を確認し、
兄弟姉妹を特定する必要があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です